認知症 予防

認知症を予防するための方法とは

認知症というものは、脳のなかにある認知機能の判断を鈍らせたり、記憶障害を引き起こす症状として知られていますが、患者の方はほとんどが高齢者ですから、老化が原因となっていることは確かです。

 

しかし、脳の老化が認知症の原因だとするならば、脳の機能を鍛えることによって、予防することができるのではないかと考えることも当然のことです。実際に、認知症を予防するための対策としましては、運動や頭の体操などさまざまな方法が推奨されていますが、とくに良いとされていますのがウォーキングです。

 

 

なぜウォーキングが認知症の予防に効果があるのかと言いますと、身体の血液の循環と関係があると言われています。わかりやすく言いますと、ウォーキングなどによって毎日習慣的に歩くことによって、心臓のポンプが活発にはたらきますので、身体全体に血液が行きわたることによって、脳機能も活発化されるというメカニズムになっているわけです。

 

 

このように脳にも血液が循環されることによって、血の巡りが良くなって認知機能の障害を予防することができるとされています。ですから、高齢の方は、ウォーキングをおこなうことで足腰が鍛えられることはもちろんのこと、脳のはたらきも活発になるというメリットがあるということがわかります。

 

しかも、ウォーキングは歩くだけですから、特別な技術や筋肉を使うわけではありませんので、高齢の方でも無理することなく運動が可能になるという利点があります。このように、認知症を予防するための方法としましては、運動療法としてウォーキングをおこなうことがおすすめであることは確かです。

 

 

歩くということは、脳機能だけではなく、身体全体の健康にも良いですから、毎日おこなうことが大切になりますが、無理をしないではじめるということがポイントになります。最初のうちは短い距離からはじめて、徐々に歩く距離を長くしていくことによって、足の筋力も付いてきますので、いちど試してみることをおすすめします。

 

やはり、年齢が高くなってきますと、物忘れがひどくなったりすることが多くなりますので、認知障害になるのではないかと心配する方も増えてきます。

 

 

しかし、認知機能の衰えを防ぐ方法として、ウォーキングなどの運動療法をおこなうことによって、脳機能を正常に保つことができますので、毎日継続的に続けるということが大切になってくることは間違いありません。簡単な方法から試してみることがポイントです。