物忘れ 予防 グッズ

物忘れの予防策及び便利グッズについて

物忘れは、人間であれば誰でもたまにうっかりしてしまう可能性はありますのでそれほど問題があるというわけではありません。しかし物忘れの頻度が多かったりすると円滑な人間関係が築けなくなってしまったり、さらには社会で生活するのに支障をきたしてしまうこともあります。精神面でもショックを与えてしまいがちですので、できるだけ予防策を講じて物を忘れる回数をなくすことが大事といえます。

 

 

 忘れる回数が多くなる原因として考えられることとしては、一般的にストレスが溜まってしまっているときにおいては忘れっぽくなる傾向が見られます。ストレスがある状態になっている場合は集中力が落ちてしまいやすくなり、その結果として目の前で起こっていることに対する理解力や記憶力なども落ちてしまいます。そのことが記憶から抜け落ちてしまうなどのトラブルを引き起こしやすくする原因となっています。

 

 

 さらに極めて強いストレスが急に与えられたり、強いストレスにさらされた状態が続いてしまうと、記憶がきちんと作られなくなる可能性もあります。

 

 理由としては、人間の記憶は脳の海馬で作られています。そして脳の中の電気信号によって脳内の保管庫に留まるという仕組みが整えられています。しかし、そこに強いストレスがかかることによりそこに別の信号が介入してしまった結果として、記憶がきちんと作られなくなってしまうというケースがあります。頭が真っ白になって覚えていないなどの状態になることがあるのはこのためです。

 

 

 高齢者の場合は物忘れから認知症にかかってしまうリスクを増やします。

 

 こうした物忘れを防ぐための取り組みとしてはいろいろなものが考えられています。その一つが精神の安定を促す脳内ホルモンであるセロトニンという物質を増やすことです。これは、日頃からウォーキングをしたり朝起きたてできるだけ早くに、太陽の光をたくさん浴びるようにしたりすることでセロトニンを増やすことができます。

 

 脳の健康を保つ目的で、DHA及びEPAなどといった栄養素をサプリメントなどで補う方法も効果的な予防策といえるでしょう。

 

 最近では、物忘れを予防するグッズもあります。例えば、漢字などの問題集やクロスワードパズルなどの本は予防策として有効です。頭を使うグッズでトレーニングをすることや、問題集を解くために書くような習慣をつけると物事を忘れてしまう回数を防ぐことができます。

 

 

 鍵などを忘れるときも日常生活ではありますが、鍵を落としたときに落としたということが音で分かるようにすることができるグッズなどもあります。こうした便利グッズを活用することも一つの手です。