物忘れ対策 食べ物

物忘れ対策になる食べ物を食べよう

物忘れというのは誰でも経験があると思います。知っているはずなのにすぐに思い出すことができないど忘れであったり、ものを取りに行ったはずなのにその場についたら何をしに来たんだっけというような経験は誰にでもあるでしょう。

 

 

これは別に珍しいことではない誰にでも起こることですが、その頻度が年をとると共に増えてきます。ただの物忘れならばいいのですが、それが認知症の前兆かもしれないこともあるので、ただの物忘れだからと安心しないで、物忘れ対策をしていつまでもはっきりとした頭でいたいものです。

 

 

また記憶力や脳の機能というのは使わないと能力が低下してしまいます。年をとったからしょうがないと思うのではなくしっかりと物忘れ対策をしてみましょう。
食生活や生活習慣なども物忘れの原因になったりします。

 

 

食べ物を気をつけたり、少し身体を動かして運動してみるだけでも脳に刺激を与えることができて物忘れ対策にもなるので試してみてはどうでしょうか。

 

まず普段の食事ですが、脂肪分が多いものや塩分の多いものは血液を状態を悪くして、血管などに負担をかけてしまう可能性があるのでなるべく控えるようにするとよいでしょう。

 

血液の流れが悪くなってしまうと脳にもしっかりと酸素や栄養分が届かなくなってしまいます。それに生活習慣病のリスクも高まってしまうので栄養バランスの良い食事をとるようにすることが健康を維持するための基本です。

 

 

その中でも特に脳によい影響があって物忘れ対策になる食べ物が、ビタミンB1、B6などのビタミン群が含まれているものです。豚肉やうなぎ、バナナなどいろいろな食べ物に含まれているのですが、ビタミン群は脳を正常に保つという役割があるので積極的に取っていきたい栄養素になります。

 

 

EPAやDHAやオメガ3脂肪酸といった栄養素も脳の活動をよくしてくれる働きが期待できます。頭がよくなる栄養素といわれるくらい脳によい効果が期待できるので、これも積極的に補給してあげれば物忘れだけではなく認知症などの予防にもなります。特に魚などの海産物に多く含まれている栄養素です。

 

ポリフェノールも美容だけでなく脳によい影響を与えてくれます。

 

ポリフェノールはワインに多く含まれているというイメージがあると思いますが、紅茶や緑茶などの飲み物にも含まれているので一服する時などジュースではなくお茶を飲むようにすれば簡単に物忘れ対策ができるのではないでしょうか。